一般社団法人 国産材を使った木造住宅を守る会 概要

日本で生まれた建築技法である木造軸組工法は、我が国独特の気候風土を考慮した文化的にも世界有数の優れた建築工法です。「適材」を「適所」に「適格な技法で」施工するからこそ、良質で、耐久性も高く、住む人にも優しい住環境を実現しています。

この木造軸組工法住宅がいま存続の危機に際しています。
生産性のみに傾注した材料選択や施工方法の採用で、本来の適材適所の技法が継承できない情勢になりつつあります。

国産材を使った木造住宅を守る会は、優れた日本の木造軸組工法の継承を目指し、国産材の復権を図る組織です。木材を最も良く知りえる立場にある林業家や木材加工業者、木材流通業者、大工さんや工務店、建築士などの多くの参加を得て、本来住宅が持つべき「構造物の安全性」や「健康への安全性」、そして「精神の健全性」を追求していきます。

◆◆◆◆◆一般社団法人 国産材を使った木造住宅を守る会 へのお問合せ◆◆◆◆◆

一般社団法人 国産材を使った木造住宅を守る会」事務局
〒136-0071 東京都江東区亀戸6丁目57番19号 丸宇木材市売株式会社社内
TEL 03-6904-8141(代表) FAX 03-5628-3722

組織概要

商号 一般社団法人 国産材を使った木造住宅を守る会
本社所在地

136 - 0071

東京都江東区亀戸6丁目57番19号丸宇木材市売株式会社内

設立年月日 設立  平成21年06月06日
法人化 平成26年11月19日
代表者 代表理事 斉藤 章
事業内容 目的
当法人は、木の有する長所、短所の特質及び国産木材を使った本格的な木造住宅の普及、促進を図り、もって施主等の一般消費者の利益に供することを目的
ともに、その自的を達成するため、次の事業を行う。
(1)伝統的な木造住宅の普及、促進
(2)伝統的な木造住宅の技術開発に関する提言
(3)土木の特質及び使い方の普及、促進
(4)関連諸国体、企業との連携、情報交換
(5)木造住宅及び伝統的な技術の伝承
(6)循環資源である森林の有効利用による低炭素社会の実現
(7)その他当法人の目的を達成するために必要な事業
連絡先 TEL 03-6904-8141(代表)
FAX 03-5628-3722
会員数 【正会員】162 【特別会員】3

会社沿革

2014

2014/11/16 国産材を使った木造住宅を守る会 設立
法人化 一般社団法人 国産材を使った木造住宅を守る会 

2010

2001/06/06 国産材を使った木造住宅を守る会 設立

携帯サイトのページ


PC版と同じURLです
URLをメールで送る